2006年10月13日 (金)

ステージの銀幕

(10/17になってアップ…その13)

ハム優勝の興奮も覚めやらぬうちに、
お手伝いすることになった「晩秋参歌」という企画ライブの当日。

音楽のことはからっきしですが、
上映用のPVを頼まれていたもので、
実は昨日おとといと、観戦に浮かれていたばかりではなく
こちらの制作もあってほとんど徹夜続きでした。
ハムが一敗でもしていたら、
明日は福岡ヤフードームに飛んでいましたし…われながら無謀かな。この日程。

秋だから「空」テーマで頼む…というコンセプトだけで、
イマイチ要領を得ない打ち合わせ…というか
飲み会で決めた流れで
今回は適当な「環境系モーショングラフィックス」を一本と、
トリを務める「カムイブラッツ」の登場用イントロPV1本の
2本を見繕いました。

スタッフといえばスタッフなので、
私もここで事前に書くなり、
集客に勤しまなきゃいけない立場なのかもしれませんが、
チケットやライブハウスHPのスケジュール表に、
私の本名が書かれてしまっていることもあって、
今回それはちょっとやめさせていただきました。
ごめんなさい。
今までこのブログで趣味の映像の話題に触れたことも
ほとんどありませんでしたしね…。

そのせいか、来場者にはそこそこ好評だった割りに、
客がずいぶん少ない内輪なイベントで終わってしまったので、
努力もしなかったくせに、ちょっとジレンマ。

会場のスクリーンは「ニコー劇場」と呼ばれていた
元映画館だった利点もあって
非常に大きくてなかなかの迫力なのですが
技術的な問題でせっかくのPVも一部出なかったり、
色味が全然でないなどの課題もあったので、
ここであらためて一部を紹介。

来てくださった皆さんも「ああこんな感じだったのね…実は」
程度に御照覧あれ。

=====

1本目 客入れ・入替待ち用 出演者紹介(3分半:ループ)
それぞれクリックするとちょっとだけ拡大します。
※5枚目の「太陽のかさ」は合成とかじゃなくて、
撮影当日、本当にあったわりと珍しい現象なんです。
(1枚目の光彩はさすがに合成です…)

Sky0 Sky1

Sky2 Sky3

Sky4 Sky5

Sky6 Sky7

Sky8

空の色。われながら結構好きです。

=====

2本目 カムイブラッツ登場用イントロPV(音楽あり1分40秒)

Kamui1 Kamui2

Kamui3 Kamui4

Kamui5 Kamui6

Kamui7 Kamui8

こちらは過去撮り貯めた素材を基に作成。
結局は先日 ←リンクあり …に撮った素材を構成上かなり使いました。
ライブの当日、本人登場前に過去のライブの映像が流れるより、
「バックステージ的」な雰囲気で登場を待つ方がマッチしますからね…

モノクロ写真でシブ目に始まるんですけど、会場担当者の操作ミスで
はじめの3枚分・20秒近くが見事に上映されず…がっくり。
徹夜なんて水の泡…ららら…。
「指先ひとつでダウン」とはこのことか?ケンシロウよ。
今宵星空を見上げれば、「死兆星」が見えたに違いない…。

=====

ま、そんなこんな、打ち上げの飲み会では
そんな話題も交えて、結局は楽しく飲み明かしました…とさ。
新たな知り合いもできましたし。

動画をアップするつもりはありませんので…しつれい。→banner_02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 6日 (金)

でまえ

(10/17になってアップ…その8)

今日は休み。夕方、突然電話。
「ちょっと撮ってくれないかなー」
呑み仲間から。

カムイブラッツ のリハーサルするからって。

札幌東区 「studio MIX」
http://www.geocities.co.jp/MusicStar-Vocal/2556/

…へ、メールに指示されている「東区警察署」を目印に
迷いながらも何とか到着。
リハーサルスタジオとかに来るのは初めてです。
中はあまり広くありません。
また、吸音材代わりに、
紙製の「たまごトレー」が壁に敷き詰められています。

Gt_1
ギターのおふたり。

Dr_1
呼んだ張本人。

部屋が狭く撮影は困難でしたが、
何とかかんとか。

きっかけに酒の席があるので、
それが目当てなだけなんですが…
いつの間にか「カメラマン」扱いされてしまって。ううむ。
…いやいや、ただ道具を持っているだけです。
信頼されすぎるのもちょっと重荷。

13日ライブ用のプロモーション素材。
真面目に作らないとおいしいお酒になりませんからね。

この日はリハーサル終了後解散。
車で駆けつけておいてなんですが、
酒の席がないのはちょっと寂しい。
もちろん呑んだら乗りませんよ!
安全運転バンザイ。ここは東区警察署前。

それにしてもロックミュージシャンと言うのは
とてつもなく大きな音で演奏するんですね。

酒に酔っているわけでもないのに、
翌日まで耳が「シャーシャー」音残り。
ちょっとした難聴です。

そういえばベーシストのTOMOHIROさんは酒が飲めません…→banner_02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月16日 (日)

日替わり

(訳あって後日、23日のイッキ書き込み:第2弾)

昨日に引き続き、音楽の話。

昨夜はハードなドラマーやってたのに、
今日はシンガーソングライターになっています。

会場は札幌に戻って、豊平区澄川にあるライブハウス
MODAN TIMEにて

Modant

田口昌由さん。

この日は昨日のスティック捌きで豆だらけになった手で、
アコースティックギターと
キーボードと
ハーモニカで自分の唄を5曲ほど披露。

先日は同じ会場で、あがた森魚コンサートの
ツアーメンバーとしてベースギターを持ってました。
相変わらず器用ですね。

久しぶりのソロです。
一緒に会うときは音楽の話もしないで
グダグダな酒ばっかり飲んでるので、
すっかりミュージシャンであることを忘れてしまいますが、
ああ。やっぱりミュージシャンなんだな…と思う瞬間。

それでも、演奏が終わったら、
二人で焼き鳥屋に行って、
やっぱり…グダグダになるまで、のんだくれました。
お約束です。
何の話をしたかは…あまり覚えていません。

今日一日休みで、また明日からはお仕事。

2日間も音楽浸り。
それでもやっぱり、音楽のことは良くわかりません。

聴いてていいな…と思うことがある。
つまんないこともある。
一人でいるときには感じないことがある。
それだけ。

ここの店のマスター。元バンドマン。ベースが渋い。→banner_02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月15日 (土)

運河の街へ

(訳あって後日、23日のイッキ書き込み:第1弾)

ロッケンローな、イケイケ話。

昨夜夕方からの勤務がぶっ通しで、
睡眠時間は1時間。

帰宅して、シャワーを浴び、そのまま
呑み仲間のロックンローラーの遠征に帯同して
小樽へ。

音楽を一切やらない私なんかが、
何故かライブのメンバーとしてついて行ってしまったのですが、
そのメンバーの証に、Tシャツと、こんなものをいただきました。

Band

リストバンド。

あ。

SHINJOと同じデザインじゃないですか!

全然関係ないところで喜んでいる私。
プレゼントしてくれた、私と名前が同じリーダーの兄さん。
これ、野球観戦でも使わせてもらいます。
前に買ったSHINJOデザイン、
本人はもうやめてしまっているので、困っていました。
全くの偶然で、こんなことで喜ばれてもたまらないでしょうけど、
うれしかったです。
ありがとうございました。

で、遠征の道中。
携帯ラジオを左耳に挟み、デーゲーム、
ソフトバンク戦での勝利を知った後は
ワゴン車後方席で一人、ぐっすり居眠り。小1時間。

メンバーの自覚は…ちょっと…ちょっとですが、
本番に向けて休息は重要です。

…で、リハーサル。

もちろん私の出番はありません。

…で、出番までの間のばんめし…に向かう勇姿。

食べるところだけ私の出番です。

3shot2

私含め4人。
店に入ると黒ずくめのガラの悪い連中…に見えたかもしれません。
おいしい鳥料理を平らげ。

さて本番。

Kamuip1 Kamuip2

そう、私はこの日、撮影隊だったんです。
楽器もやらずにメンバーのフリをしていたのは、このため。
写真はクリックすると、ちょっとだけ拡大します。

石倉を改造した小樽のライブハウス
CRU-Z(クルーズ)。

撮影隊にはやさしい、照明の明るさがいいところでした。

帰宅すると、とうに日付越え。
特に汗をかくほど動かなかったのに、
長い時間ヘビーなサウンドに身をさらしているだけでも、
へとへとになってしまった。

パンチの効いた、ロッケンローな一日。

撮影の仕上がりはイマイチ。うんがー。→banner_02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月16日 (月)

ロックンローラー

ロックを聴かない。
なのに呑み仲間はロックンローラー。
私に音楽の才能は皆無なので、相手の専門的な話は
さっぱりわからない。不思議な関係だ。

初めて会ったときは、
アコースティクギターを片手にバラードを歌っていたのだが、
誘われて見に行くたびに、演奏している楽器も曲調も違う。

ガットギター

エレキギター

ベースギター

キーボード

ピアノ

・・・ジャンルもパンクロック(最も聴かない…)だったり、
あがた森魚バックバンドだったり、全国ツアーに出かけたと思えば
アルバイトに勤しんでいたり。いつも違う顔。

かつてSTV(北海道ローカル)の勝ち抜き企画でチャンピオンになったり、
「白い恋人」のCMソングやってたなんて、
今の(酔っている)あなたの姿からは想像もできません。

で、年頭。いつものように呑んで酔っ払って、目が据わってきまして…
チカラ加減が怪しくなる酔いどれ振りよろしく、
グローブのような手で私の頭をべしべしと叩きながら、
さっき買ってきたというドラムスティックを見せて言った。

「見たことないだろ。俺のドラム捌きを…来い! よーし!」

・・・で昨夜。Zeppの隣にあるライブハウスに行って来た。
ドラムなんてできるのかしら。

あら、出演時間がやけに巻いた(早まった)ようで、
予定時刻10分前に行ったのに、4曲終わってもう残り2曲になっていた。
勇姿。奥の赤いTシャツ。
kamui_1
ありゃ、ずいぶん速い叩きで…かっこいいじゃないですか。
そんなにできたんですか…。

さることながら、右のギターの人、兄貴だそうで。
2つ年齢が上(36)といいますが、本人よりもパキッとしてて、
ルックスがシャープで若々しいだけでなく、何となくオーラが出てます。

結局演奏が終わって、ちょっと食事でもと言いつつ、
メンバーやバンドの友人など、人が入れ替わりながら、
朝の4時過ぎまで飲んだ暮れることになったのですが、
兄貴~!いけてます。

何でも7年(だったかな?)ぶりくらいにやったとか。
ステージぶりからはにわか信じられない。
話しっぷりもよっぽど弟よりスジが通っている。

いやしかし、ロックのわからない(知ろうともしない)頓珍漢な私を
そこそこ置いてけぼりにせず心地よく飲ませてくれたお兄さん。
ありがとうございます…。

これを機会に兄弟でやったらー?
…と、音楽無知の私が、声の届かない外野から声援。

=====
ダイエットを進言中の今日の主役→ 田口昌由さん
※いけてるお兄さんは狸小路のある洋服店で店長をしています。

夜の話題はナシ…にしていましたが、たまにやるかもしれません→banner_02

| | コメント (0) | トラックバック (0)