« ハム・オープン戦回顧 | トップページ | 雨上がりの千葉マリン »

2008年3月27日 (木)

壁に耳あり

このところ激務だと勝手に思い込んでいる。

疲労も度が過ぎると、
ありもしない声が聞こえてくる…という設定で。
24日(月)朝のお話。

=====

「昨日も終電だった。週の初めからなんかこう・・・」

仕事が行き詰まり…というより、こなせどもこなせども、
「おしまい」が見えない。
というやつだ。

今日も満員電車にゆられ、目的の駅から職場へと
わずかな道程を「緑の見える通り」を選んで歩き、
一日が始まる。

足取りは決して軽くない。

「おほほ、そんなあなたには、これ」

街路樹の足元から、ガサゴソと音。

Usa1

最近、自分のことが信じられなくなっているので、
どうせまた「幻聴」か「幻覚」の類いだろうと思って、
デジカメを取り出して、
己の脳に頼らない記録をするクセがついてしまった。

おお、本当になんかいるね。

「おほほ、壁といえばコレね」

Usa2

うさぎ?
私の干支で縁起でも担ごうと?

「いえいえ、ちがうわよ」

それにしても、
YMOに言わせればTECHNOPOLISな
TOKYOのど真ん中には
「ごんたくん」とか
「ガチャピン」しか
愛くるしい生き物は
生きていけないと思っていたけど…

「あなた、ごんたくん…は、生きているとはいえないわよ」

あ、そうか。

Usa3

賢明な皆さんはもうお分かりですね。

壁に耳あり は

癒しの格言…

|

« ハム・オープン戦回顧 | トップページ | 雨上がりの千葉マリン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122764/40648506

この記事へのトラックバック一覧です: 壁に耳あり:

« ハム・オープン戦回顧 | トップページ | 雨上がりの千葉マリン »