« リアルとフィクション | トップページ | 日曜日の空模様 »

2006年2月18日 (土)

お口の恋人

…といえばお菓子。
お菓子メーカーの所有する球団には、
オロゴンじゃない方のボビー。
バレンタイン監督が独自の野球哲学で辣腕を振るっております。
昨年ファイターズはコテンパンにやられました。

シーズンオフは
お歳暮時期が主力のハム。
寒い時期をあっためるロッテ(カイロもそうだけど、ここではココロのほう)
…と、土俵が異なるので真っ向勝負にはなりません。

まわりクドイ話から始まりましたが、
今週14日は監督の名前にあやかったかのような
そういうイベントがありましたね。
世の中では。

すっかり「どこ吹く風」だったので(マジで忘れてました)
職場で女の人から「クジ引いてくれませんか?」と
言われたときはあっけに取られてました。

まあ、いわゆる義理チョコなのですが、
趣向を凝らして「くじ引き」で種類が決まるということで…
↓これがあたった。

kizuna ←クリックで拡大します。

あー。おもしろいっすね。 棒読み。
お返しに 緑のたにん でも作って返そうかと思いました。

中身はチョコボールでした。
今、開封して口にしたところですが、
味は結構…こまったちゃんです。
絆…ってやつはそんなに甘く、
うまいこと手に入らない…という示唆かな。

まあ、おっさんになってくると、惚れたハレタで
この日にトキメキを期待することもなくなってしまいましたが、
1つでもこんなのもらうと悪い気がしないものです。
これ限りでしたけど。

======

16日。遅い時間に訪れた行きつけの居酒屋で呑んでると
元気印の看板娘が3月で辞めてしまうのだと自ら話す。
言いにくそうなところを促すとやはり。
結婚のため花嫁修業に入るのだそうだ。

勉強のために昔作った借金も返す目途がついて…というが、
店長が「新店舗を任せようと思っていた」と述懐するほどの
切り盛りできる気立てのよさに少し惜しみを感じつつ、
婚姻とは縁遠いオトコ2人で顔見合わせながら、
恋人のいない口元を引きつらせつつ「おめでとう」を言った。

呑み相手は職場の後輩で、
この日は結局、偉そうに先輩風を吹かせてしまった記憶しかない。
「ちょいダメおやじ」まっしぐら。

帰り際、「ちょっと待って」と呼び止めたのは
その看板娘のほうではなかったが、
2人にそれぞれくれたのはこれ。

b-man

完全に「ビックリマン世代」の私としては大喜び。
シールもそうだが、このチョコレートは大好きなのだ。
何だか元気でた。
帰りの足取りが軽くなった。

なぜかわくわくするこの気持ち。
ロッテはやっぱりお口の恋人だった。

=====

さっき、封を開けてむさぼりついたところ。
やっぱ、おいしいねぇ。
明日は吹き出物が登場するかしらん。

懐かしのシールもちゃーんと入っていました。
これ。

Devil

30分の1しかない希少の「キラキラシール」なんだけど、
あんまり嬉しくないなー。

正邪すなわち吉凶のごとく。
偽らざる童心。

やっぱり「金」がいいですぅ~! とは、オリンピックでの名言…→banner_02

|

« リアルとフィクション | トップページ | 日曜日の空模様 »

コメント

おー キラキラだー!! すげぇ
最近も売ってるんですね、ビックリマン。

投稿: たぁ | 2006年2月20日 (月) 11時13分

コンビニにて。最近お菓子コーナーでは
「ベビースターラーメン」くらいしか
買いません。酒のつまみです。
…そういうわけで、
ビックリマンが店頭に並んでいるのを
まだ見ていません。
私も今度探してみます。

投稿: イチカワX | 2006年2月26日 (日) 23時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122764/8728895

この記事へのトラックバック一覧です: お口の恋人:

« リアルとフィクション | トップページ | 日曜日の空模様 »